ざんざ亭ハセヤンプロフィール

0 Comments

北アルプス槍ヶ岳山荘というマンモス山小屋で学生時代から働く。 そこで、料理の基礎を日本料理人に教わる。

そこで山岳救助隊も経験。

そこで山が好きになり、より密接に、 山に恩返しが出来る仕事に就​きたいと思い。

林業の仕事に就く。

実家が長野市ということで長野で仕事を探すも なかなか良い職場に​出会えず 伊那の上伊那森林組合が条件的にも、 仕事の幅でもさまざ​まなことが経験できそうなので、

伊那市の上伊那森林組合に就職。

伊那市長谷に住んで、造林、林産、特殊伐採と
一通りの林業の知​識と技術をおぼえる。

そのころ、狩猟免許もとり猟師になる。 そこで、動物の命を奪うこ​と、さばくこと 命をいただくということを覚える。

また、その肉を使った料理に興味をもつ。

そして、この会社ではもう頭打ちだなと感じていたころ、
次のステ​ップ、小さいころから夢見ていた飲食の世界へ。

伊那市に長谷屋ん、という居酒屋を開店。
そして、平日林業、週末居酒屋を3年続ける。

伊那市長谷の建物ざんざ亭の話をいただき、 食と山を結びつけ​られる場所であることから、

平成23年の8月から新たに、ざんざ亭を​スタートさせて現在に至る。

ざんざ亭では 山(林業、登山、焚き火、山裾の文化、狩猟体験など)​と

人を結びつける拠点にするべく活動しているところです。

宿のほか予約で昼、夜のお食事を提供しております。

ざんざ亭での活動。

年3回から4回の焚き火会の開催。 (さまざまな面白い人物を招い​た交流会。) 小布施のオブセッションをモデルにしているが もっとざ​っくばらんで語り合える会。 地元の郷土芸能の紹介も行っている。

​現在まで、3回実施。

薪作り会の開催。基本的に、薪を作って持って行ってもらう会だが​、 自然に触れ合ってもらうことが目的。 だから、焚き火で鹿カレー​などのお昼をたべて、

木登り体験も実施。2回実施。

音楽イベントの開催。ざんざ亭はとても雰囲気ある場所であるので​、 その雰囲気に合う魅力的なミュージシャンの演奏会の開催。現在​まで、

1回実施。

自然と野性動物と人との関係性、命をいただくことの意味を知ってもらうために、 狩猟体験ツアーを実施。 実際に鹿の解体を体験してもらう。

6回実施。

自分でつくりだした山師料理を知ってもらうため、 出張料理の実施​。

伊那、東京などでおこなう。

テレビ局の自然ガイドの仕事。 年末のテレビ朝日系「いきなり黄金​伝説」サバイバルロケのガイド。

「濱キス」のサバイバルロケのガ​イド。

夏の秘境ツアー1回実施。
山を使った​婚活イベント3回実施です。

そして今、地元の食材の極致とも言える鹿を料理開発することに傾倒し、鹿ジビエ料理のコースを出す宿の主人として全国でも際立った存在になりつつある。

鹿の美味しさを広める様々な活動を行っている。

2013年(平成25年)の活動
3月 狩猟体験ツアーの開催
4月 鹿一頭を全て使い切り料理として完成させるイベント開催。東御市のはすみふぁーむワインとともに(蓮見喜昭氏をお招きして。)
4月 東京にて50人分の鹿ジビエ料理のケータリングを用意。
6月 伊那市ワイルドツリーにて鹿ジビエ料理のケータリングを用意。
7月 信州大学農学部キャンドルナイトに鹿カレー、鹿ローメン、鹿バーガーを出店
10月 伊那市ワイルドツリーにて鹿ジビエ料理30人分のケータリングを用意。
11月 信州大学農学部「落葉松祭」にて鹿カレー、鹿バーガーを出店。

JR東海道新幹線グリーン車、配布雑誌「ひととき」12月号に鹿ジビエ料理の宿として掲載される。

12月 狩猟体験ツアーの開催。
12月 12月 信州大学農学部「伊那谷アグリイノベーション推進機構第5回シンポジウム」で鹿一頭有効利用の可能性を講演し、鹿ジビエ料理のケータリングを行う。
12月 日本農業新聞全国版に鹿ジビエ料理の取り組みを掲載される。
2014年(平成26年)の活動
1月 東京渋谷ヒカリエd47食堂で地元の地域食と鹿を合わせた「鹿ローメン定食」を3月までプロデュース。
1月 信濃毎日新聞全県版に鹿ジビエ料理の取り組みを掲載される。
伊那ケーブルテレビにて鹿ジビエ料理の取り組み放送される。
3月 狩猟体験ツアーの開催。
3月 東京渋谷ヒカリエ8階 8/courtにて「わかりやすい狩猟」で鹿ジビエ料理の講演、ケー タリングを行う。
3月 豊丘村「アグリイノベーション推進機構第6回シンポジウム」鹿ジビエ料理のアプロー チを講演、ケータリングをする。
3月 テレビ信州「TSBネイチャードキュメント 里山大回廊をゆく」で主演。取り組みを放送される。
伊那ケーブルテレビで取り組みを放送される。
4月 伊那市高遠町杖突峠峠の茶屋「SUWA-lNA峠のサミット」にて40人分の鹿ジビエ弁当の用意と鹿ジビエ料理の奉納。