天下分け目の9月場所2 

0 Comments

ジオパークとは実は深くかかわってきました。

ジオパーク体験の宿泊をざんざ亭で行ったこともあります。

しかし、ジオパークというものが実際に自分にはよくわからなかった。地球の活動がわかる場所であるので、中央構造線上にある南アルプスエリアが選ばれているのはわかる。その成り立ちを理解しているつもりではある。がしかし、それってとてもマニアックで学術的で見た目ためにもわかりずらい。まして自分の活動とどうしてもリンクしなかったのでした。

しかし、諏訪社の鹿食免諏訪と鹿との関係性。さらに上社から中央構造線に沿った秋葉海道沿いの関係性を学ぶにつれ、南アルプスのジオとジビエの鹿は関係性が深いことが理解できてきました。つまり、日本最大の断層中央構造線とフォッサマグナの糸魚川静岡構造線がぶち当たる諏訪社から続く秋葉海道沿い(中央構造線)沿い東側は海水由来のミネラル分豊富な成分が土壌に出ている土地なのでそれを必要とする動物の住処だった。もちろん鹿も豊富にいた。

つまりこのことが分かった時、私の中でジオパーク=鹿になったのでした。

だから、ジオパーク全国大会が南アルプスでしかも伊那市を中心で開かれるこの時に鹿を中心としたジビエストリートを開催できたのはまさに必然だったのでした。

これを皆さまのご協力のおかげで開催できたことは大きな力になり、潮目が変わったポイントになりました。

これかえら、これから、変わります!

楽しみです。